お金を5万円借りる方法

 

 

あと5万円あればな〜遊ぶ金がない、遊ぶお金がほしい!

 

遊ぶ金がなくて、5万円あったなら・・・・・・

 

スポンサードリンク

 

あなたは学生さんですか?

 

それとも社会人の方ですか?

 

いずれにせよ、お金の悩みは尽きませんよね。。

 

なんだかんだ言っても、あと5万円あれば・・・・・・

 

こんなふうに思う事も多いのではないでしょうか?

 

というのも5万円あれば、案外いろんな事ができますし、それにいろんなものが
買えますからね。

 

かといって今の状況からして、バイト代や給料が何もせずに5万円増える事は
まずありえませんから。

 

でもバイト代なら出勤を増やす事で可能になるかもしれませんが、社会人の給料が
5万円上がる事はないですよね、現実的に!

 

それに5万円上がるには何年かかるのでしょうか?

 

現在日本では少子高齢化が進んでいますよね、これは誰でもわかっている事なんですが、
それはそうとこの少子高齢化が進む日本では、企業の約4分の1が全くと言っていいほど
給料が上がらないそうです。

 

特に、大企業は別として、この国日本の約9割を締める中小企業では給料が上がっていないとか!

 

このような状況の中、いつも悩んでいる人が増えています。

 

時間があっても、お金がなくては本当に何もできません・・・・

 

この国日本は資本主義社会です。

 

資本主義社会とは、簡単に言うとお金(資本)を元手に様々なものと交換する社会と言う事です。

 

つまりお金がないと、何も交換してもらえないので、何もできないのです・・・・

 

スポンサードリンク

 

5万円増やす方法は2つしかありません!

 

 

その5万円がほしい、5万円が必要なら、その方法は「借りる」か「稼ぐ」かです。

 

お金を借りる、借り入れするという行為は、後ろめたいと思うかもしれません。

 

でもこのような「借りる(借金)」のことをレバレッジと表現する事があります。

 

レバレッジとはいわゆる「てこ」の事であり、「借りる(借金)」をてこにして
大きな結果を出そうとするのです。

 

例えば分かりやすい例だと、不動産投資です。

 

不動産を購入するために銀行から融資してもらい、その結果家賃収入なり、売却益を
得る方法です。

 

借りる=レバレッジ」のメリットは、時間を早送りできる所です。

 

早い話が、時間をお金で買えるところ。

 

お金を貯めてから、不動産を買おうと思ったら何年も後になります。

 

またその場合、他の人に条件がいい物件は取られてしまい、その結果儲けられなくなります。

 

なのでそういう事がおこらないように「借りる=レバレッジ」とは先回りをして、あなた自身が
いい思いをするという事です。

 

次に「稼ぐ」についてですが、これは説明しなくても分かりますよね?

 

この国日本の資本主義社会でたくさんのものを得たいのであれば、収入を増やすのが
一番正当な方法です。

 

稼ぐ額が多いほど、選択肢も増えますし。

 

年収300万円前後の社会人の人達の多くは海外旅行にすら行けません。

 

また、年収500万円前後の社会人の人達は海外旅行に行く時にエコノミークラスしか選べません。

 

でも、年収1000万円の社会人の人達は海外旅行に行く時にビジネスクラスも選べます。

 

いずれにせよこのように、稼げば稼ぐほど選択肢が増えていきます。

 

つまりそれは、お金で交換できるものが増えるという事ですね。

 

ただ、社会人の場合は会社の収入を増やすには時間が本当にかかりますし、一方で会社によっては
年収が全く増えない事も当然あるわけです。

 

またあなたが学生なら、とにかくバイトを増やすしかありません。

 

といっても、時間には限りがあるので、バイトを増やすにも限界がありますよね。

 

だからといって何もしなくては今の状況を変える事はできないかもしれませんが、せいぜい、
夏休みにバイトを入れまくるくらいが精一杯でしょう。

 

ただこれだけは頭に入れておいてくださいね。

 

というのは、社会人の方でも学生の方でも働く量を増やして遊ぶお金を用意するには時間が
かかります。

 

へたしたら、何年も何年もかかります。

 

つまり、「稼ぐ」はお金で時間が買えないという事です。

 

それでも、多くの人は「今すぐ遊ぶ金が欲しい」と思っているとおもいます。

 

つまり、今は今しかありませんし、今しか作れない思い出も、今しかできない事も
あると思います。

 

ですから、いい思いをするのなら、早ければ早いほどいいものです。

 

そこで、先ほどのレバレッジの話です。

 

不動産投資以外のレバレッジは、カードローンでお金を借りることで成し遂げる事ができます。

 

カードローンなら今すぐ5万円を手にする事が可能ですし、また5万円以上のお金も可能です。

 

1時間後に50万円を融資してもらうことも可能なんです。

 

なぜなら、ほとんどのカードローンは50万円までは属性によっては即日融資が可能だからです。
(※学生の方がいきなり50万円の融資は不可能かもしれません)

 

ある意味「今すぐ遊ぶ金を得る」という事は「時間を買う」という事です。

 

例えば、日給1万円のバイトをしたら、5万円手にするのはどんなに早くても5日後です。

 

日給2万円のバイトでも3日後です。

 

でも、カードローンなら早ければ1時間後です。

 

ある意味、この早送した時間を利息を払う事で、かっこよく言えば買っているというわけです。

 

スポンサードリンク

 

5万円を借りた場合の利息シュミレーション

 

 

それでは、5万円を借りた場合の利息はどれくらいなのか?

 

早速計算をしてみたいと思います。

 

借りる金額 × 実質年率 ÷ 365日 × 借りた日数 です。

 

 

例えば、金利18%で借りて、30日後に返済した場合なら、

 

50,000 × 0.18 ÷ 365 × 30 = 739.726・・・」となり、
利息はたったの739円です。

 

小数点以下は切り捨てになります。

 

なのでたった739円で時間を早送りする事ができるのです。

 

つまり、たった739円で遊ぶ金を今すぐ手にできるのです!

 

「遊ぶ金がない、遊ぶ金がほしい」と悩んでいても今の状況は何も変わりません。

 

行動を起こさなとリアクションは起きません。

 

遊ぶ金を今すぐ手に入れるには、「借りる=レバレッジ」か「稼ぐ」かなんです。

 

つまりこの2つしかないという事ですね!

 

5万円を実質年率18%で借り入れした場合の利息

 

借りる金額

実質年率

借りた日数

利息額

 

 

 

 

 

 

5万円

 

 

 

 

 

 

18%

1日 24円
3日 73円
5日 123円
10日 246円
15日 369円
20日 493円
30日(1ヶ月) 739円

 

遊ぶ金を借りる場合

 

 

現実の話、お金を借り入れする人の多くはカードローンで遊ぶお金を借りています。

 

そこで心配するのが「遊ぶ金なんて借りられるの?」というところ。

 

事実カードローンは基本的にフリーローン、つまり、使徒自由のローンです。
(事業資金以外なら借り入れOKです。)

 

だから、お金を借りる理由はある意味何でもいいのです。

 

ただ、無難な理由も当然あります。

 

例えば、「パソコンを買いたいから」「資格取得の勉強のため」「旅行に行きたいから」
「実家に帰省するため」などなどです。

 

カードローンでお金を借り入れするとなると、マイナスのイメージを持たれている人も
多いのですが、今は普通に多くの人が利用しています。

 

大企業に勤める社会人の方やOLの方など利用している人は本当に多いです。

 

収入が増えれば、生活レベルが上がるので、出費も増えるからです。

 

つまり多くに人がカードローンでお金を借りて時間を買っています。

 

もちろん、遊ぶお金がない時や遊びに行くお金が欲しい時も利用しています。

 

社会人の方だけではなく、学生や収入の少ない方、高給取りなサラリーマンの方でも
「あと5万円必要・・・・」って思う事は多いのです。

 

ただ、1つだけ注意して下さい!

 

それは、自分の返済能力を超える借り入れをするという事です。

 

もちろんカードローンは本当に便利ではありますが、計画性を持って計画的に利用する
必要があるという事です。

 

無計画に使うと、負債になる場合もあるので注意しましょう。

 

サイトおすすめランキング!(※貴サイトおすすめ順)

 

最短1時間融資!土日祝日でもかりいれOK!

 

プロミスは最短30分の即日審査と最短1時間で融資という
即日対応を実施しているため、今日中にお金が必要という
方には、最適なカードローンになります。

 

土日祝日もネットと自動契約機を組み合わせれば21時まで
利用可能と状況に応じてのサービスが充実しています。

 

そんなプロミスの人気の秘密は、「Web完結なら郵送物
なしで家族にバレずに借り入れができ、さらにWeb完結ならカードレスも可能」なところ。

 

また、主婦や学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合は借入可能です。

 

金利も他の大手消費者金融と比較しても低く、30日間の無利息期間を利用することができるので、
返済の負担も軽減する事が可能です。
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で初回30日間無利息で利用可能!)

 

プロミスの30日間無利息サービスは、初めて借入をしてから30日間ですが、他社は契約してからの
日数となっているのでプロミスの場合は無利息期間が無駄なく借り入れする事ができます。

「※対象金融機関は200行以上あります。」

 

 

 

女性のオペレーターに対応して欲しいという方はプロミスレディース!


▼レディースは女性オペレーターが承ります。男性のお申込みもOKです。▼

 

プロミスレディース

 

モビット

モビットは三井住友銀行グループの「SMBC モビット」が提供
するキャッシングサービス。

 

そんなSMBC モビットで借り入れできる限度額は最高800万円
と他のキャッシングと比較しても大きいです。

 

最大の魅力は、三井住友銀行グループのSMBC モビットという
安心感に加え、最短10秒で簡易審査結果表示という圧倒的な
事前審査のスピードの速さ。

 

他のキャッシングはほとんどのサービスが最短でも審査に30分はかかるため、急いで資金が必要な場合、
最も事前審査の時間が短いSMBC モビットは人気です。
(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり

 

申し込みは24時間受け付けており、Web完結申込を利用すると電話連絡も郵送物もなく、利用を開始
する事ができます。もちろん店舗への来店や担保・保証人も必要ありません。

 

 

TVCMでもお馴染みとなるアイフルは、東証一部に上場
する消費者金融大手「アイフル」が提供するキャッシング
サービス。

 

そんなアイフルは、キャッシング事業者としての実績・
知名度はトップクラスで、借り入れできる限度額は最高
800万円となっています。

 

またインターネットからの申込み限定でカードの受け取り
時間を6区分の中から設定できる点も、他のキャッシングに
はないきめ細やかなサービスの1つとなっています。申し込みは24時間対応しており、審査は最短30分!

 

契約が完了すれば最短即日の振込にも対応しており、契約に際しても、店舗への来店や担保・保証人も
必要ありません。(※申込時間によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。)

 

最低借り入れ金額も1,000円からと低く、初めてアイフルの無担保キャッシングローンを利用される方は、
契約の翌日から30日間の無利息期間が付いてきます。
(※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。)

 

まずはホームページ上で行える「1秒診断」で、申し込み前に借り入れの目安を確認してみましょう。

 

 

初めてのご利用は最大30日間金利0円!

 

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの「アコム」が
提供する人気のキャッシングサービス。

 

そんなアコムは利息は利用日数に応じて計算され、最短で
即日融資も可能です。

 

日本最大の金融機関が提供するサービスであり、金利・限度額
・審査時間等、条件面もトップクラスで、借り入れできる限度額
は最高800万円と他のキャッシングと比較しても大きいです。申し込みは24時間対応で審査は最短30分!

 

また1度契約するとネットはもちろん店頭窓口や自動契約機のむじんくん、提携ATM、電話でキャッ
シングを申し込む事も可能です。

 

ネット申し込みを利用すれば店舗への来店は不要で、また担保・保証人も必要ありません。

 

お金を借りるのに安心感、信頼感を求める場合は、三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムは
有力な選択肢の1つです。

 

 

遊ぶ金を稼ぐ場合

 

 

今すぐ遊ぶお金がほしい!」といった状況でなければ、稼いでお金を増やす
方法を考えて下さい。

 

例えば、あなたが学生だったらバイトを増やすとか、あなたが社会人だったら
副業をするなどです。

 

その後は上手に稼いだお金を節約したりして、手元に残るお金をとりあえず
厚くするという方法もあります。

 

特に節約を考えた場合、夜にバイトなどをした時にまかないが出る事もあります。

 

そんな場合は、夜の食事代が浮きますよね。

 

つまり、給料をもらいながら、食費代を節約できるというわけです。

 

バイトをする場合はこの辺はチェックしておきたい部分ですね。

 

一方で、社会人の方が週末だけバイトして、そこのバイト先で可愛い彼女に出会った
という事も多く聞きます。

 

こういうケースも少なくはない中、「稼ぐ」と「節約する」だけでなく「出会い」も
手に入れている事になります、何かワクワクしませんか?

 

そんな中、日給バイトなどバイト探しで使えるのが「バイトル」です。

 

バイトはここで探しておけば間違がなく、学生だけでなく、社会人の副業バイトも
ここで探している人は結構多いですよ。

 

いずれにせよ、カードローンでお金を借りるとしても、返済する必要があるので、
その場合バイトで収入を増やしておく事は利口な選択肢と言えますね。