キャッシングの審査基準

 

 

長い人生、生きていれば急遽お金が必要になる事は誰だってあります!

 

そんな時、どこからお金を借りようか?など、お金を貸してくれる所を探すはずです。

 

ちゃんと安心できるところでお金を借りるには、まず審査があります。

 

その審査に通れば早い話、無事お金を借りる事ができるのですが、この審査にも「基準」という
ものが当然あります。

 

なのでこのページでは審査の基準について、とことんわかりやすいように解説をしていますので
参考にして下さいね。

 

それでは以下より読み進めていってください。

 

スポンサードリンク

 

審査に通る人と通らない人を振り分けるスコアリング!

 

 

 

テレビCMなどで有名なプロミス、モビット、それにアイフルやアコム、これらは知名度があり
安心してお金を借りれる所として有名な消費者金融です。

 

この消費者金融は、お金を借りようと利用者から申し込みがあると、申し込み時に打ち込んだ
名前、住所、生年月日などのデータをもとに信用情報機関であなたに関する情報をチェックします。

 

つまりこれを、属性をチェックするといいます。なぜ、属性をチェックするのか?

 

それはスコアリングするためです。

 

スポンサードリンク

 

【スコアリングについて】

 

キャッシングの審査では「スコアリング」というシステムが採用されています。

 

これは、その人の個人信用情報や現時点の年収、勤続年数などのすべての情報を
統合して、単純に点数化(数値化)したもの。

 

どのくらいの項目をスコアリングに入れるかは、それぞれの業者や銀行で違います。

 

ただこのスコアリングは大体は共通している事も多い事から、もし消費者金融の
1社で低いスコアリングになった人は、他の消費者金融でも低くなる可能性は
高いです。

 

また、キャッシング業者によってスコアリングが違う部分とは「その会社や
系列企業の利用実績」一方で共通する部分については「職業・年収などの基本的
なデータ」という事です。

 

ちなみに、それぞれがどのくらいの割合で審査結果を左右するか・・・という事は
決まっていません。

 

その申し込み者の状況や条件にもよりますし、また業者によって変わります!

 

つまり、属性をもとにスコアリングして、審査に通る人と通らない人を振り分けるのです。

 

現在ではお金を借りるのに、ネットで申し込んで銀行に振り込みしてもらうのが、当たり前の
時代になっています。

 

ひと昔前であれば、対面式でその利用者の服装や、雰囲気からある程度の情報を得る事が
できたといいます。

 

でも、現在のようにネットからの申し込みでは、申し込み時に打ち込んだ情報と信用情報機関で
得られた情報だけが頼りになります。

 

その情報から、まずスコアリングします。なぜ、このようなスコアリングをするのかというと、
「貸し倒れ」を防ぐためです。

 

「貸し倒れ」とは「貸したお金が返済されないこと」ですが、これはお金を貸す側になって考えて
みればわかりと思いますが、つまり消費者金融が一番避けたい事、それが「貸し倒れ」なんですね。

 

あなたを信用して消費者金融はお金を貸します。この信用はスコアリングの数値でしか判断
できないのです。

 

なので、このスコアリングの点数が低ければ審査に通らないと考えて下さいね!

 

それでは引き続きあなたがお金を借りるのに、知っておかなければならない事を解説していきますね。

 

スポンサードリンク

 

お金を借りやすい年齢について?

 

 

「お金を借りやすい年齢?」これって全ての消費者金融にあてはまる事ではないですが、消費者金通が
メインとしてターゲットにしている年齢層は20代〜30代だと言われています。

 

これは一概には言えない部分なんですが、若い人の場合、貯金が少ない、またお金に余裕がないなどの
理由からと考えれれているようですね。

 

ただ信用という意味では40代〜50代以上の方がありそうなんですが、消費者金融業界では環境にもよりますが
一般的には収入が多い40代〜50代以上でお金に困っているという事は「この年代でお金がない、貯金がないと
いう事は何かわけあり?」と思われてしまう事も実際にあるようです。

 

また、可処分所得も歳の割にはそれほどないのではないか?と判断されてしまう事もあります。

 

ただ、現在はほとんどのキャッシングでは申し込みの条件が「20歳以上65歳以下の安定した定期収入のある方」
とありますので、その点は安心してくださいね。

 

サイトおすすめランキング!(※貴サイトおすすめ順)

 

最短1時間融資!土日祝日でもかりいれOK!

 

プロミスは最短30分の即日審査と最短1時間で融資という
即日対応を実施しているため、今日中にお金が必要という
方には、最適なカードローンになります。

 

土日祝日もネットと自動契約機を組み合わせれば21時まで
利用可能と状況に応じてのサービスが充実しています。

 

そんなプロミスの人気の秘密は、「Web完結なら郵送物
なしで家族にバレずに借り入れができ、さらにWeb完結ならカードレスも可能」なところ。

 

また、主婦や学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合は借入可能です。

 

金利も他の大手消費者金融と比較しても低く、30日間の無利息期間を利用することができるので、
返済の負担も軽減する事が可能です。
(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で初回30日間無利息で利用可能!)

 

プロミスの30日間無利息サービスは、初めて借入をしてから30日間ですが、他社は契約してからの
日数となっているのでプロミスの場合は無利息期間が無駄なく借り入れする事ができます。

「※対象金融機関は200行以上あります。」

 

 

 

女性のオペレーターに対応して欲しいという方はプロミスレディース!


▼レディースは女性オペレーターが承ります。男性のお申込みもOKです。▼

 

プロミスレディース

 

モビット

モビットは三井住友銀行グループの「SMBC モビット」が提供
するキャッシングサービス。

 

そんなSMBC モビットで借り入れできる限度額は最高800万円
と他のキャッシングと比較しても大きいです。

 

最大の魅力は、三井住友銀行グループのSMBC モビットという
安心感に加え、最短10秒で簡易審査結果表示という圧倒的な
事前審査のスピードの速さ。

 

他のキャッシングはほとんどのサービスが最短でも審査に30分はかかるため、急いで資金が必要な場合、
最も事前審査の時間が短いSMBC モビットは人気です。
(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合あり

 

申し込みは24時間受け付けており、Web完結申込を利用すると電話連絡も郵送物もなく、利用を開始
する事ができます。もちろん店舗への来店や担保・保証人も必要ありません。

 

 

TVCMでもお馴染みとなるアイフルは、東証一部に上場
する消費者金融大手「アイフル」が提供するキャッシング
サービス。

 

そんなアイフルは、キャッシング事業者としての実績・
知名度はトップクラスで、借り入れできる限度額は最高
800万円となっています。

 

またインターネットからの申込み限定でカードの受け取り
時間を6区分の中から設定できる点も、他のキャッシングに
はないきめ細やかなサービスの1つとなっています。申し込みは24時間対応しており、審査は最短30分!

 

契約が完了すれば最短即日の振込にも対応しており、契約に際しても、店舗への来店や担保・保証人も
必要ありません。(※申込時間によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。)

 

最低借り入れ金額も1,000円からと低く、初めてアイフルの無担保キャッシングローンを利用される方は、
契約の翌日から30日間の無利息期間が付いてきます。
(※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。)

 

まずはホームページ上で行える「1秒診断」で、申し込み前に借り入れの目安を確認してみましょう。

 

 

初めてのご利用は最大30日間金利0円!

 

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの「アコム」が
提供する人気のキャッシングサービス。

 

そんなアコムは利息は利用日数に応じて計算され、最短で
即日融資も可能です。

 

日本最大の金融機関が提供するサービスであり、金利・限度額
・審査時間等、条件面もトップクラスで、借り入れできる限度額
は最高800万円と他のキャッシングと比較しても大きいです。申し込みは24時間対応で審査は最短30分!

 

また1度契約するとネットはもちろん店頭窓口や自動契約機のむじんくん、提携ATM、電話でキャッ
シングを申し込む事も可能です。

 

ネット申し込みを利用すれば店舗への来店は不要で、また担保・保証人も必要ありません。

 

お金を借りるのに安心感、信頼感を求める場合は、三菱UFJフィナンシャル・グループのアコムは
有力な選択肢の1つです。

 

 

既婚者と独身者の「可処分所得」について!

 

 

 

「お金を借りる」場合信用がやはり第一なのですが、その場合、既婚者と独身の人でみた場合
どとらが信用があるのか?といえばやはり一般的には既婚者の方が信用があると考えていい
でしょう。

 

理由は様々ではありますが、その1つに既婚者の場合、当然家族があるわけですが、その家族を
養っていく必要があるので簡単には仕事をやめるわけにはいきませんので、家族のために責任を
持って必死に働く必要があります。

 

消費者金融でお金を借りる場合は「可処分所得」が重要になります。

 

「可処分所得」とは簡単にいえば「自由に使えるお金」の事です。

 

同じ会社で同じ年収の20代のサラリーマンの場合、既婚と独身では独身者の方が「可処分所得」は増えます。

 

その理由はやはり既婚者の場合、妻や子供を養う生活費が必要ですし、また住宅ローンを組んでいれば、
さらに「可処分所得」は低くなります。

 

つまり早い話、「可処分所得」が多いという事は「貸し倒れ」の可能性が少ないという事がわかります。

 

という事は、消費者金融側からみれば、お金を貸しやすい人と見なす事ができるというわけです。

 

対して「可処分所得」が少ないという事は「貸し倒れ」の可能性が上がるという事でもとらえる事が
あるわけです。

 

なので、「可処分所得」という事だけで見ると、キャッシングの審査に通りやすいのは既婚者より独身者
という事になるんですね。

 

ただこう言ってしまうと勘違いされる方もいるんですが、それは決して既婚者がお金を借りれないと
言うわけではありません。

 

なので「結婚している=審査に通りにくい」というわけではありませんからね。

 

なぜなら、結婚して家族がいるという事は、逃げられたり急に連絡が取れなくなったりする可能性が
低いという事になるからです。

 

対して、独身の人だと逃げられる可能性が既婚者よりも上がります。

 

つまり、急に連絡が取れなくなったり逃げられたりしないという意味では既婚者の方が信用は高いのです。

 

今まで説明をしてきたとおり、このように見ていくと一概に「可処分所得が多い独身者の方が審査に通りやすい」
というわけではないのです。

 

固定電話とスマホはどっちがいい?

 

 

 

度々繰り返し言いますが、そもそも消費者金融が1番恐れているのは「貸し倒れ」で、貸した
お金がちゃんと返ってこない事を1番恐れている事も確かです。

 

つまり、あなたに返済の遅れがあれば、それはなぜ遅れたのかを確認するために本人に連絡をします。

 

当然逆の立場で考えればわかる事ですが、これは、逃げられていないかを確認するためでもあります。

 

なので、まさかの時の連絡手段となるのが電話あり、それに今の時代、携帯電話を持っていない人は
いないと言っていいくらい、携帯電話やスマホが一般的になっています。

 

こんな時代ですから、携帯電話(スマホ)を持っていないという事は、審査においてかなりマイナスと
なる事もあるのです。

 

ただこういった場合、「固定電話はちゃんとあるよ」だからいいのでは?といわれる方もいると思います。

 

そうです!それは確かなのですが、なので1番信用がアップするのは、携帯電話(スマホ)と固定電話の
両方を持っている事です。

 

理由として、携帯電話(スマホ)は電話番号が自由に変える事も可能であり、また固定電話は電話番号が
変わる可能性が低いからです。

 

まっ、要するに消費者金融にとって1番困る事、それは「急に連絡が取れなくなって貸し倒れになる事」です。

 

消費者金融にとって信用の高い職業について?

 

 

 

お金を貸す側にとって、信用が高い職業とはどんな職業なのでしょうか?

 

例えば、公務員や中小企業の社長で考えた場合、あなたはどっちが信用あると思いますか?

 

それは公務員の方です!なぜなら公務員の方が安定しているから。

 

キャッシングの審査に通りやすいという意味では「収入が多いより安定している」事が
重要なのです。

 

安定こそが最高の信用というわけです。

 

自営業者、個人事業者の場合、人によっては大企業の正社員よりも稼いでいる人もいるかも
しれませんが、やはり「安定」という意味では会社員(サラリーマン)の方が高いと見なされるようです。

 

「公務員 > 会社員(サラリーマン)> 自営業」

 

つまり、融資する側である消費者金融は上記の図からもわかるように、やはり利用者の安定性を
重視するようです。

 

居住形態や居住年数について?

 

 

 

あなたは今現在住んでいる家に、何年住んでいますか?

 

まず、住居年数についてですが、居住年数は長いほど有利になるようです。

 

その目安としては、1年以上同じところに住んでいれば問題ないと評価されるようです。

 

例えば、しょっちゅう引越しばかりして住まいを転々とするような人は、急に連絡が取れなく
なる可能性があると判断されるからでしょう。

 

次に居住形態についてですが、あなたは賃貸それとも持ち家?

 

結論からいえば賃貸と持ち家ですが、持ち家の方が信用が上がるようです。

 

この理由は、持ち家の方が逃げられる可能性が低いと考えるからです。

 

借りるお金の利用目的について!

 

 

 

ココは大事です!というのもあなたが申し込みの際に、借りるお金の利用目的を聞かれたら
「レジャー」もしくは「買い物」と答えるようにしましょう。

 

注意しておくべき事それは決して「他社への返済ため」「ギャンブル」「生活費」だったとしても
このようには答えていけません。

 

なぜなら、せっかく借りられるものも、借りられなくなりますからね。

 

例えばあなたの本当の理由が「生活費」であったとしても、生活費が苦しい人は貸し倒れになる
可能性が高いと見なされて、審査に通りづらくなるからです。

 

もちろん本当の理由が「他社への返済ため」「ギャンブル」などでもそうです!

 

繰り返すようですがココはとても大事なので、利用目的は「レジャー」か「買い物」です。

 

申し込み件数について(ココは超重要です!)

 

 

 

ただ最後に気おつけておかなければならない、事について解説しておきますね。

 

今まで上記で説明した属性に、あなたが問題がなかったとしても、あなたがブラックになって
しまう事もあります。

 

それはなぜか?これは重要ですので頭に入れておいてくださいね。

 

それは、「短期間の間(1〜3ヶ月)に3社以上に申し込みをしないという事です!」

 

この事は、最初にスコアリングの所で、消費者金融は利用者から融資の申し込みがあると
信用情報機関であなたに関する情報をチェックすると説明しましたが、この時にあなたが
他社への申し込み件数も知る事ができるのです。

 

かりにもしあなたが、ここ1ヶ月の間に3社以上〜も融資を申し込んでいたとします!

 

そうしたら、「この人はお金に相当困っているなかもしれない!
お金を貸してもちゃんと返済してもらえないかもしれない!」と判断されてしまう事も
あるのです。

 

つまりこれはどういう事かと言うと、短期間に3社以上の申し込みをしてしまう事を
「申し込みブラック」と言われてしまうのです。

 

なので、キャッシングへの申し込みは1〜3ヶ月に最高でも2社までにしておいてください。

 

できれば、当然1社のみがいいですが、多くても2社までと覚えておいてくださいね。

 

こんな大事な事も知らないまま中には「数打ちゃ当たる」という勢いで一度に何社も申し込みを
する人も実際にはいらっしゃいます。

 

でも、こういった人達は知らぬ間にブラックになっている可能性があるです!

 

以上が申し込み前に、これだけは知っておきたいキャッシングの審査基準になります。

 

なので、キャッシングを考えているのであればこのページで紹介してきた内容は本当に大切な
部分となりますので、何度も読み直して、キャッシングに申し込んでくださいね。

 

そうすれば安心してお金を借りる事ができますよ!